目が腫れていたり眠そうにみられる悩みを解決するには実績ある美容外科

目の形に合わせた施術

手術

埋没法が合う目と合わない目

準備段階としては、まずは自分がどのような目の形をしているのか、また、瞼の厚さはどうなのかということを自分自身で良く理解しておく必要があります。二重埋没法は現在最も需要が高いとされるプチ整形と言われており、費用も安く施術時間も短時間で済み、更にはダウンタイムもほぼ無いというメリットだらけのプチ整形となっています。ただ、このプチ整形が万能かと言えば、やはり合う人と合わない人というのがあるということを知っておく必要があるのです。二重埋没法が合わない人というのは、瞼に厚みがある人です。まぶたが厚いということは、それだけ瞼の部分に脂肪がついているということの証であります。二重埋没法の特徴としては、瞼と瞼板とを髪の毛よりも細い糸で結ぶことで固定する施術方法が採用されています。ただ、瞼が厚い場合には糸が解れやすくなってしまうという懸念があるのです。そのため、瞼の厚い人の場合には、費用がかかっても別の二重整形の施術方法を考慮に入れることが必要になることがあります。

どうしてもメスを使わずに二重にしたいというバアにおいては、やはり二重埋没法が適した方法であると言えます。それというのも、埋没法を用いれば切開をする必要がないこと、また、糸を抜いてしまえば元に戻すことができるということもあって手軽さに対して需要があるプチ整形の方法なのです。埋没法は瞼の皮膚と瞼板もしくは眼瞼挙筋のどちらかを糸で結んで固定する方法が用いられている。シンプルな方法ではあるものの、二重のデザインの幅は広く、末広型や平行型など希望通りのデザインを選ぶことができるため、仕上がりが自然になると高い評価を受けているのです。デザインに関しては最終的に医師と相談して決めることになります。カウンセリングの際にはコンピュータでのシュミレーションを行うため、それで確認をした上で施術を行うため、患者も仕上がりを見て施術に臨むことができるのです。プチ整形の中でも二重埋没法は費用が安く、その割には目元の印象を大きく帰ることができるため、費用対効果は高いと言えます。