目が腫れていたり眠そうにみられる悩みを解決するには実績ある美容外科

まぶたの治療術について

カウンセリング

それぞれの違い

目は人の印象を決める重要な部位であり、二重は魅力的と感じられています。女性では特に顕著で、化粧や美容グッズで二重にし、目元を魅力的にと努力しています。先天的にそうならば良いのですが、全ての方が生まれつきに備えられるものではありません。現在は保険適用外で全額自費ですが、美容整形術で得る事ができます。費用は保険適用外なので5万円から30万円程必要になります。この様に費用に差が生じているのは状態にもよりますが、整形術による違いがあります。美容整形術は大きく分けて2種類があり、埋没法と切開法があります。切開法はメスを用いた手術治療で、埋没法はメスを用いず医療用の糸で治療する方法になります。切開法は手術治療なので費用は20万円から30万円程必要になり、埋没法は5万円から10万円程必要になります。整形治療を受ける事で、日常的に行う化粧等の手間も省かれ朝の忙しい時間の助けにもなります。コンプレックスを抱えている方にも自分に自信を持ち、前向きに生活できる様になれます。

二重整形術には大きく分けて切開法と埋没法の2種類があります。切開法はメスで手術し、まぶたを作る方法です。基本的に半永久的な効果があり、その後通院等必要もありません。メスで手術しまぶたを作るので、どうしても術後に腫れたり内出血が起こります。その状態が消えて元通りになるまでの期間を一般的にダウンタイムと呼ばれています。現在は医療技術も発展しており、ダウンタイムも短くなっており、クリニックによってはアフターケアでダウンタイムを短縮できる様にマッサージ等の施術もあります。埋没法は医療用の糸で二重を作る方法で、メスを用いないのでダウンタイムの短い方法です。効果期間は手術とは異なり半年から2年と個人差があります。いつ糸が取れるかはわからないので、医師より伝えられた効果期間近くには経過診察を受ける形になります。費用も手術より安く、永久的な効果がないので最初のお試しとして活用される方も多い治療方法です。この様に二重整形術には種類があり、種類によって効果期間や費用も異なります。