目が腫れていたり眠そうにみられる悩みを解決するには実績ある美容外科

糸が取れにくい

手術室

独自開発による糸が取れにくい工夫

人気の高いプチ整形の二重埋没法ですが、せっかく施術を受けても数ヶ月から半年程度で糸が取れてしまい、一重に戻ってしまうという点が何店とされていました。しかしながら、美容外科クリニックが独自に糸の結び方に関する開発を行い、糸が取れにくくなったのです。その施術方法について詳しく解説をします。従来の二重埋没法では、1箇所もしくは2箇所を糸で留めるのみでしたが、新しい方法では複数箇所を一筆書きをするように留めるため、安定感をもたらすことができるようになりました。さらに、瞼と瞼板とを糸で結びつける瞼板法を採用することで、ダウンタイムを最小限に抑えることに成功したのです。この施術を行うのに要する時間は、左右の目を合わせて10分程度と短時間です。また、二重埋没法はプチ整形に該当するため、費用は3万円から5万円となっています。費用も安く、それでありながら施術時間もかからず、ダウンタイムもほぼ無い二重埋没法はメリットが多く、利用者も年々増え続けている状況です。

どこの美容整形外科クリニックでも、二重埋没法の施術を受けることができます。プチ整形の中でも最も施術の依頼が多いため、各クリニックが二重埋没法に力を入れているのです。では、どのようにクリニックを選べばよいのでしょうか。注意したいのが、二重埋没法の施術内容についてです。例えば、糸の結び方一つをとってもクリニックによって大きな違いがあります。瞼の裏で糸玉を処理するクリニックの場合には、眼球を傷つけてしまう恐れがあるので避けたほうが良いです。同様に、二重埋没法の施術方法には、瞼板法と挙筋法の2種類があります。挙筋法は眼瞼挙筋という部分に糸を結ぶ施術を行うため取れやすく、また、将来的に眼瞼下垂を引き起こしてしまうリスクが高いとされています。こうした理由から、挙筋法を採用しないクリニックも増えていて、できれば瞼板法で二重埋没の施術を受けられるクリニックを選ぶことです。費用についてはクリニックで多少の差異はあります。費用に関しては多少の違いが見られます。